rtyuiopcv

Monday, May 29, 2006

ドワイト・ヨーク

 カリブ海に浮かぶ小さな島、トリニダート・トバゴ。人口わずか130万人の小国がワールドカップに出場するとは、誰が予想しただろうか。躍進のキーマンは3人。チームに規律をもたらしたオランダ人のレオ・ベーンハッカー監督と、予選で12得点を挙げたFWスターン・ジョン。そして、“トリニダード・トバゴの英雄”ドワイト・ヨークである。
 ヨークは1999年にマンチェスター・Uが三冠を達成したときの主力選手で、プレミアリーグ得点王も獲得した実力者だ。10代でイングランドに渡り、アストンヴィラをはじめ、マンチェスター・U、ブラックバーン、バーミンガムに在籍。サッカーの母国では15年間にわたってプレーした。トリニダード・トバゴ史上、最も国際的に成功したサッカー選手である。その人気はすさまじく、国内には名前を冠した「ドワイト・ヨーク・スタジアム」が建つほど。現在はオーストラリアのシドニーFCに所属しており、三浦知良(カズ)とともに世界クラブ選手権で来日した姿は記憶に新しい。
 今年で35歳を迎えるカリブのカリスマは衰えることを知らず、2005年2月の代表復帰後、プレーオフを含む予選12試合すべてに先発出場を果たしている。バーレーンとのプレーオフ第2戦ではセットプレーから先制ゴールをアシストし、母国をワールドカップ出場に導く決定的な仕事をやってのけた。
 肉体的には全盛期ほどのハリはなくなったが、そのぶん、味方を生かすプレーはすごみを増した。イングランド時代は絶対的なストライカーとして君臨していたが、今では状況に応じてトップ下でプレーする柔軟さも持ち合わせている。自分にマークを引き付けておいて、スターン・ジョンを生かすコンビプレーはチームのストロングポイントだ。
 1998年のプロリーグ発足以来、トリニダード・トバゴは着実に力を付けてきた。とはいえ、国際舞台の経験不足は明らかだ。頼れるのはヨークしかいない。カリブの小国が躍進を遂げられるかは、ベテランの両足にかかっている。国民の期待を一身に受け、ヨークが一世一代の大勝負へ挑む。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home